2015年09月21日

第四十五回 三島由紀夫氏追悼会「憂国忌」


生誕90年、没後45年、享年45,第四十五回目の追悼儀式

――「ミシマを通して日本を考えよう」
 ことしの憂国忌は45周年の節目となるため二部構成となります

三島由紀夫氏追悼 第四十五回 追悼の夕べ
 ことしは三島先生の生誕九十周年、没後四十五年の節目にあたり、第四十五回憂国忌は、生前ゆかりの先生方に想い出話を中軸に感想、雑感、展望などをのべていただきながら将来の日本を考える場としたいと存じます。
 節目にあたりますので乃木神社宮司による慰霊祭は、会場の関係で午後二時より、別途「乃木神社」にて催行します。慰霊祭の参加ご希望の方は予約をお願いします。
 実施要綱は左記の通りです。

日時 十一月二十五日 午後六時(五時開場)
場所 星陵会館大ホール(千代田区永田町2−16)
資料代 お一人 二千円 

(プログラム)
午後六時  黙祷、開会の辞(玉川博己)
追悼挨拶(敬称略、順不同。いずれも仮題)
「演劇について」村松英子
「文学、文士」西尾幹二
「編集者の思いで」堤 堯
「自衛隊のミシマ」ヘンリー・ストークス
「ボディビル」玉利 齋
「薔薇刑撮影記」細江英公
「楯の会の想い出」楯の会第一期生
午后八時十五分 閉会の辞 富岡幸一郎
(なおプログラムは予告無く変更になることがあります。ご了承下さい)

<憂国忌代表発起人>入江隆則、桶谷秀明、佐伯彰一、篠沢秀夫、竹本忠雄、富岡幸一郎、中村彰彦、西尾幹二、細江英公、松本徹、村松瑛子
posted by 三島研事務局 at 22:35| お知らせ